日本人の文化と生活を支えている金属材料についてご紹介

サイトマップ

日本人の文化と生活を支えている金属材料についてご紹介

金属材料がなければ日本刀はなかった

ナットとボルト

日本刀が多くの若者から注目を集めるようになったその背景には、数多くの戦国武将が持っていた日本刀をそれぞれ擬人化したゲームなどが登場したことに端を発しています。最近でも鬼を狩る剣士たちが活躍する大正時代を舞台にした人気アニメの中で、日本刀が作られる工程を紹介するシーンがありました。

この日本刀を作るにも金属材料が使われています。古代から採用されている方法では玉鋼という物質を使って刀は製造されてきました。しかし、このたたら製鉄と言われる製鉄方式はかなりの労力を必要とするもので、現代の言い方ではコストパフォーマンスが悪いというものでした。金属材料に一つであるこの玉鋼は不純物の含有量が非常に少ないということで刀の製造には向いていたのです。

玉鋼という金属材料はメリットも多いことから現代でも使われています。たとえば前述したように日本刀が見直されてきたことから、数は少ないながらも昔ながらの製造方法で玉鋼を使って作られていたり、また日常の中でも包丁は必ずと言ってもいいほどどの家庭にもあります。確かに今は錆びにくいステンレス製の包丁が一般的となっていますが、一部のエリアでは現在でも玉鋼を使用した和包丁が主流になっています。

金属製のやかん

玉鋼はたたら製鉄によって作られる日本刀専用の金属材料

鋼と聞くと何が思い浮かぶでしょうか。鋼というのはいわゆる鉄なのですが、金属材料的には鉄と鋼は別に扱われています。鋼という言葉は刃金が由来となっているように、かつては刀を作る際に用いられる物でした。特に日本刀に使用される物については玉鋼というような呼び方をします。現在でも玉鋼という名前は創作物を始めとして様々な媒体で使用されるため、世間一般でも広く知られている物ですが、実在する物です。日本では古くから製鉄方法としてたたら製鉄というものが行われており、そのたたら製鉄の一つの…

Copyright © 2021 日本人の文化と生活を支えている金属材料についてご紹介 All Rights Reserved.